第54回全日本スキー技術選手権大会
開催要項
主 催
公益財団法人全日本スキー連盟

主 管
公益財団法人北海道スキー連盟

後 援
北海道
留寿都村
北海道索道協会

特別協賛
石屋製菓株式会社

会 期
2017年3月8日(水)〜3月12日(日)
開会式 3/8(水)
予選1日目 3/9(木)
予選2日目 3/10(金)
決勝1日目 3/11(土)
決勝2日目 3/12(日)

会 場
北海道ルスツリゾートスキー場

競技規則抜粋 
《競技方法
規定された斜面において種目内容を演技します。
本年度は、シード選手は設けず全選手、予選からの出場とします。


競技は予選、決勝とし、予選は2日間・1日目2種目、2日目2種目で行い、決勝は2日間・1日目4種目、2日目3種目で行います。
予選は、2種目同時に2日間行います。
決勝の出場者は、予選合計得点順位の男子140位タイ、女子80位タイまでとします。
決勝は、予選終了後に班の再編成を行い、班別ローテーションを明示します。
決勝は、2種目同時に2日間行い、スーパーファイナルについては、男子20位タイ、女子10位タイの成績の逆順(リバーススタート)で行います。
審判方法は、5審3採用とし、最高点と最低点をカットし3審の配点の合計点を種目得点とします。
その他は、最新の競技規則によります。ただし、加盟団体が行う予選大会は、この限りではありません。

《出場資格
日本国籍を有する者
当該年度の本連盟会員登録を行っている者
各保険会社の傷害保険に入っている者(保険未加入者は出場できません)
加盟団体が主催する予選会の申し込み時点で、満18歳以上であり、SAJバッジテスト1級以上の認定を受けている者
加盟団体が主催する予選会を通過し、加盟団体長の推薦を受けた者。
本連盟会長が出場を認めた者。

《順位の決定》
総合成績は、決勝の合計得点の高い順とします。(予選の得点は決勝に持ち込みません)
ただし、最終総合成績において、同点順位となった場合は、予選種目の合計点で順位を決定します。
全種目実施できない場合の順位決定は組織委員会の判断に委ねます。



技術選2017TOP
[SJM]トップページへ
(C)SKI journal Publisher