┣Exercise.06/内腕を引いて外腕を前に出して回転弧を深くする
ターン前半から中盤の局面で、内腕を引き外腕を前に出すことで、ターン中のスキーの推進力を止めないようにするためのトレーニングです。
ターン前半から中盤の局面で、内腕を引いて外腕を前に出すことで両スキーの前後差を少なくし、スキーの推進力を妨げないようにすることができます。






レッスン一覧へ
[SJM]トップページへ
(C)SKI journal Publisher