vol.963「決勝1日目を終えて・・」
1種目目:フリー規制(急斜面・整地)
この種目が始まる前に時間があったから、リフトに乗ってスタート地点へ行ってみた。
各メーカー、各県連の方々がスタートエリアにはたくさんいて、選手をサポートしている。
そんな場所を横目にスタート地点ちょっと下からコースを写真に撮ってみた。。。ゴールエリアが遥か彼方に台形に見える(笑)

スタート地点より

このフリー種目は条件があり、2台の使用可能なスキーの内、ショート用のスキーで滑るということ。
まぁ、良く考えて見れば大会に出たりする選手以外は、基本的にゲレンデを一本で何でもおこないどこでも滑る、、、っと言うのを大会で再現するってことなのかな?
ただ、回転半径が小さいショート用のスキーでいかに大きくまわっていくのかっというのが最大の注目点である。
なぜならば、ハイスピードの中では特に斜面にたたかれやすく、スキーがバイブレーションし易くなる。
そんなスキーを大小ターンを織り交ぜながらこの急斜面を降りなくてはいけない・・・

ゴール地点より

ゴールから見上げるとこんな感じである。
見ての通り片斜面なのでライン取りやターン構成によっては減速してしまったり、体があおられ易くなる・・・
戦略も大切な種目です。
やはり高得点をたたき出した選手は、その戦略が巧かった。もちろん短いスキーが斜面によってバタバタと叩かれることなく
スムーズな切り換え力のやり取りやスピードを繋げるのもたけていた。

ソデグロ大回りナチュラル

2種目目:大回り(急斜面 ナチュラル)
この斜面は朝滑った選手の話しだと、ボッコボコがそのまま固まっててヤバイ!なんて声を聞いたけど、
競技開始までに少し融けたのか?みんな結構全開で滑ってたっぽい(苦笑)
場所はウサギ平の隣り、、ソデグロです。見て見て〜!めーいっぱいズームで撮ったら・・・結構かっこよく撮れたべ〜
誰の時構えたのかは、、、覚えていないのですが(汗)
ちょうどこの斜面はスタートして少しなだらかでちょうどこの写真の所から急斜面になるから、ゴールで観ていると
この瞬間からしか見えないの。
この種目は完全に安定感があってスキー操作に重さがあって安心して観ていられる選手に高得点が出ていたな〜。
2日間で5種目観させていただきましたが、この種目を観ている時が一番「私も・・・ここ滑りたい」って思った種目でした(笑)
ふっと後ろを振り返るとお客様でいっぱい!いったいどこまで後ろに広がっているのかわからないくらい遠くまで観客席になっている・・・
今日は1種目終わると次・・・っという具合に同時進行がないので、みんなで全種目観られます。最高♪

3種目目:小回り(急斜面 整地)
ちょうど小回りの種目のスタート時間が13時半だったので、ここでお昼。
私達は朝、お昼用のおにぎりを持って出発してくるので、各自食べられる所で自分の食べたいタイミングでごはんを食べます。
私はここ、小回りの場所で座り込んで食べました。
いや〜青空の下で食べるおにぎりは美味しいですよね〜
美味しくいただきました♪

この小回りバーンはメッチャフラットで滑りやすそうでしたね〜
コース整備もこの種目は10名滑り終わるごとに行っていましたし・・・雪も崩れず安定していたので
とってもみんな良い感じで滑っているようでした。
まだ決勝の最終日でもないのに、287点なんていう脅威的な高得点を柏木選手がたたき出したので、
286点の丸山選手の得点が霞んでしまった・・・1点差なのに。。。(汗)

小回りバーン

この種目はかなり一目瞭然って感じでしょうか?
斜面から跳ね上げさせられることのないスキー操作と、やわらかく滑らかなスムーズなスキー操作、
スキーの動きを変えず止めずスピードをしっかりと繋いでいた選手が高得点を出していたな〜
柏木選手と丸山選手井山選手の滑りは圧巻でした。

そんなわけで決勝3種目が終わり、明日最終日2種目を残すだけどなりました。
今のところ外は星もきれいに出ていてまん丸ではないけどお月さまもきれいに見えている夜空ですが・・・
もしかしたら風が出るかもしれない。。とのこと
どうか、予定通りの日程をこなせますように。。。
選手の皆さん!頑張ってくださいね!下から応援しています。

明日の不整地バーン
ブログ一覧→
[SJM]トップページへ
(C)SKI journal Publisher