vol.961「決勝3種目目、小回り急斜面整地」
どんどんスタートかかって選手が滑って来るので、全て競技が終了してからの更新になってしまいました。

今日のウサギ平はとてもコースコンディションが良さそうでした。
お日様は出ていますが気温が低いのでしょうか?シャバシャバにはならず…。良い滑りがたくさん見れました。
ここは下から見上げているとかなりの片斜面にみえますね。

種目が整地の小回りなので、はねあげられない、しっかりとフォールラインでスキーがしなってたわんでいる、ターンスピードがある…
このあたりが高得点につながっている印象でした。

女子選手は、金子選手と佐藤麻子選手が278、兼子選手277、栗山選手276、池田選手275

男子選手は…なんとも!柏木選手が287すごい!
丸山貴雄選手が286、井山選手と青木哲也選手が285、岡田利修選手が283、山田卓也選手水落選手佐藤栄一選手高瀬選手が282、片山選手吉岡選手藤井選手が281、西村選手太谷選手が280…
っとまぁ、280オーバーの選手がわんさか!

柏木選手と丸山選手、井山選手と青木哲也選手のスキーの動き、体の安定感、雪面コントロール…全てが最高でした。

そんなわけで、決勝3種目が終わり戻ってきました。
あまりにもお天気がよく、山がきれいだったので、一本だけリフトに乗って写真を撮りに行ったらアップするのが遅くなりました。

またのちほど、八方の美しい山々を写真とともにご報告します。


ブログ一覧→
[SJM]トップページへ
(C)SKI journal Publisher