vol.958 「本選2種目終了」
今日の本選はことごとくお天気に翻弄される1日になりました。

朝、、、不安な気持ちでウサギ平まで上がると。。。最初は真っ白だったのに、雲の切れ目から青空が見えるほどの良いお天気に・・・よかった〜♪
テント村のATOMICのところにご挨拶に行き、ホットコーヒーを一杯いただきいざ出陣!(笑)

ギリギリまでどちらを観ようか悩みに悩み・・・
大回り・規制(急斜面 整地)のゴールエリアへ。
FRが出て女子選手が1人滑ったところで雲が(悲)あっという間にあたりは真っ白。
しばら〜く待ったけど変化なし、、現場からもアップしましたが緊急チームキャプテンミーティングが行われ、この種目はキャンセルに。。。

すぐにソデグロで行われていた、小回り 急斜面 ナチュラルの種目の方へ。
ソデグロも数回の中断を重ねていたものの、行った時には女子の3分の1が終わっていました。
が、、、やはり天気は安定せず再びここでも協議が行われました、、、本日2回目のチームキャプテンミーティングです。
結局女子が全員終了した時点でいったん競技終了。
男子はソデグロでは行わず、中カベに行っての競技再開と決まりました。
本当にウサギ平での種目は難しいですね。お天気に振り回される・・・風や雲に翻弄される。

そんなわけで一気に滑り降りた私は…またまたどちらを観ようか悩む事になるのであ〜る(苦笑)
13時競技開始予定の、大回り 急斜面 整地をウスバ斜面で観るか、13時半競技開始予定の、小回り 急斜面 ナチュラルの男子を中カベで観るか…。
悩みながら滑り降りていたら…中カベの下まで滑ってた(笑)
そんなわけでここ、中カベで本日は小回りだけを集中して観させてもらうことに決め競技開始を待つ事に…。
急遽斜面変更で新たにコース設置をするので本当に大変…。コース係の皆さま本当にお疲れさまでした。
みるみるうちにコースがセパレートされて作られていく姿を見ていたらちょっと感動。カメラを固定して回して早送りで見たい気分になったくらいすごい作業でした。しかも早い!
競技開始前にジャッジの方々のお姿を激写させていただきました。

そんな中、中カベで競技再開した小回り。
一見カービング小回り大会のように見えるかもしれませんが、全然違う・・・スキーを斜面にあてているだけや、サイドカーブだけで動かしていたり、オーバースピード、外スキーが浮く、、、っというスキー操作は得点が低かったように思う。
しっかりとスキーに乗り込み、スキーを回しこみ、力のロスがなく、斜面にしっかりと体を合わせ、外スキーが全く浮かず、失敗が無い。
そんな滑りの選手に高得点が出ていたような感じをうけました。
個人的には柏木選手と井山選手の滑りが滑らかで好きですね〜。水落選手もよかったなぁ〜
雪面から受ける力と喧嘩していない感じがすごくよかったですね〜

写真は、、、山田卓也選手です。

午後のスタートは男子だけということと距離も短いせいか、あっという間に終了。
まだ大回りがウスバゲレンデで行われていると聞いた私はトイレに駆け込んだ後、リフトに飛び乗りました(笑)
ギリギリ男子最終組の競技が行われていた。279点の水落選手と281点の井山選手の滑りを観ることができました。

さぁ!明日から決勝が始まります♪
もうすぐスタートリストがくるかな〜
明日も現地ブログ書かせていただきます。ただ、昨年までと違うのがちょっとタイムリーに速報的なブログになれないシステムになってしまいましたので、更新していくのがちょっと時間差になると思います。
ご了承ください。


ブログ一覧→
[SJM]トップページへ
(C)SKI journal Publisher